弊事務所では採用媒体としてinddedを推奨しています。理由は既存サイトよりヒットの確立が高く採用コストが低いからです。
インターネットで「職種」「地域」「採用」を入力して検索すると次のようなサイトが現れます。

上位がすべてindeed.comになっています。indeedは世界最大の採用サイトです。
従来のネット求人のコストはワンクリック400円から600円と言われています。一方indeedは50円から100円で月1,000クリックを目指しますので月のコストは5万円から10万円以内に収まります。
弊所はindeedの最大級代理店である船井総研様を紹介いたします。詳細は下記をクリックしPDFをご覧ください。
【FunaiSoken】indeed活用採用プログラムご案内資料
経営者の「カン」でなんとなく採用してはいませんか? 採用者の定着率が悪く悩んでいませんか?いずれ問題も貴社の「採用の基準」が明確になっていないと改善できません。
中小企業の場合、経営は得意な分野に集中して戦うという戦略(ランチェスター戦略)が必要です。人材も今の会社で力を発揮できる人材に特化した採用をすべきです。
どんなに優秀な社員でも社長とウマが合わなければ力を発揮できません。まず社長と「ウマが合う人」が採用の基準となります。その中でさらに現在貴社で活躍している人の行動特性を見える化し、その人と似通った特性を持った人を採用すべきです。
その際必要なのは経営者の「カン」をサポートする客観的分析データです。弊所が推奨するのはCUBICはその客観的データを提供するツールです。是非試してください。
CUBICの詳細PDFは下記をクリックしPDFでご覧ください。
CUBIC提案書ひな形

プロ野球チームで例えると、お金を使って有名選手を集めるチームでなく、獲得するときは一流でなくとも、その選手を一流に育てるチームを目指すべきです。従業員と経営者が信頼関係で結ばれ、成長したいという従業員と育成したいという経営者であれば必ず従業員は育ち会社も成長します。そうした会社が就職を目指す人に選ばれかつ定着する会社になります。目先の損得でなく「人材を育成する」というしっかりした方針を立て地道な努力をすることが大切です。