• 給与を原資に掛金が拠出されるため、新たな掛金の財源は不要です。
  • 希望者のみを加入者とするので、社員の意思を100%尊重できます。
  • 会社負担の社会保険料や労働保険料の削減額でランニングコストを賄うことができます。
  • 大企業からのスカウトした人材の退職制度の移行を可能にします。
    弊所では選択制確定拠出年金(401K) 及び選択制確定給付年金の2つをご案内できます

  • 現在の給与を賃金体系を変更し「前払退職金」(401K部分)と「給与」の2つの部分に分けることができる「仕組み」を導入します。
  • 従来通り給与を受けたい人は「前払退職金」部分をゼロ円に選択できます。逆に401Kでご自身の年金を有利に貯めたい人は「前払退職金」部分を限度額(月5.5万)迄設定できます。
  • 会社は選択制という仕組みを導入し、従業員は自分の意志でその制度を活用することができます。
  • この制度を活用し会社が新たに資金を用意し、従業員の年金(退職金)を積み立てることも可能です。

  • メリットは税金・社会保険料の節約です。デメリトは社会保険の給付の減少です。トータルではメリットが勝ります。
(注意) 
  • 選択制確定拠出年金(DC)と小規模共済の併用は可能です。
  • 掛金の限度額ですが、選択制確定給付年金については特にありません(基金が了承すればいくらでもOK)ですが、401Kと併用した場合、401Kの掛金の上限が半額になるのでご注意下さい。
  • 選択制確定給付年金は従業員の数が少ない場合、前被保険者の加入(掛金を拠出する)ことが条件となります。

  • さらに詳しい説明をご希望の方は、毎月第二水曜日に「選択制401K」のセミナーを開催しております。ぜひご参加をご検討ください。セミナーに関しては下記青枠をクリック下さい。